2022年10月04日

ぼけじじい大統領の認知症が深刻 「トランプを引きずりおろすためには対立候補はヒトラーでもゴミでもいい!!」馬鹿有権者の付けが回って来た



マヨルかす国土安全保障省長官
「おい おい このぼけ爺さん、どこ行くんだ。何とかしてくれ。」

筆者は個人的に思う・・・・
この急速な認知症悪化は・・・・
新型コロナワクチンの打ちすぎではないか・・・・と

まじでこのぼけじじい大統領の認知症が深刻になったら、副大統領が大統領となる。しかし、この女が輪をかけて馬鹿と来てる。

00.jpg
朝鮮半島の国境視察での演説
「北●鮮はアメリカにとって重要な同盟国です。」
↑ ↑ ↑ ↑
おい! おい! 
あわてて訂正・・・・ならまだましだ。
訂正することもなく最後まで行ってしまった。
間違えたことにすら気づいていない・・・・
救いようがない馬鹿っぷりだ。


認知症大統領がブラックボックスを開けて話している。
「おいおい、これは面白おもちゃなんだよ。ブラックボックスをかたどっているが、このボタンを押すと、クリスマスソングが流れる仕掛けだ。子供たちが喜ぶんだよ。」
側近
「そ・・・・それは本物ですが。」
認知症大統領
「いや、おもちゃなんだよ。試しに押してみるか。クリスマスソングが流れるぞ。」
側近
「ちょっと!ちょっと! 大統領!やめてくださぁ〜〜い!!」

核戦争勃発 ⇒ 人類滅亡  ちゃんちゃん

米国大統領の気が狂ったなどという小説ならあったが、まさか、認知症で人類滅亡なんて、どんな作家も思いつかなかったようだ。事実は小説よりも奇なり。


認知症大統領
「お〜い、ジャッキーは? ジャッキーはどこだ?」

洒落じゃすまされないほど深刻化していることに、皆さん、気づいていますか。

タグ:Sleepy Joe
posted by White Cat at 17:04| 認知症大統領

2022年09月29日

中国の様子がおかしいのは・・・・コロナ対策でした(爆笑)



習近平主席が逮捕というデマにしても
「中国の様子がおかしい。航空便も制限されているとは。」と識者の憶測が飛び交ったが、蓋を開けたら、あっけなかった。答えは・・・・

中国の新型コロナ対策

国家主席自ら外出自粛をするとは、
中国のコロナ対策も旧式のままですなぁ
欧米では、当の昔に外出自粛など終わってるのに。
但し、中国のコロナワクチンは「無毒化ワクチン」なので、人民解放軍の兵士は自然抗体を健全に保持している。親米国の兵士はmRNAの恐ろしい「遺伝子ワクチン」なので免疫力が弱っている。となると、アメリカと中国が戦争をすると、ますます中国勝利の公算が増える。
共産圏との違いということか。今回で分かったこと。

台湾の中国通識者、林建●氏が今回のデマよりはるか以前から、しきりと言っていたこと。「中国の様子がおかしい」についても同様の答だ。これらもコロナ元年2020年以降である。中国でクーデターが起こる「兆し」はすべて、中国のコロナ対策だった。

やれやれ、暫くは習近平主席もご安泰。
腐敗民主党と組んでやりたい放題の「世界の地獄」も、もうしばらく続きそうである。

但し、中国経済が危ないことになっているのも事実。

とにかく、11月の米国中間選挙。それが命運を分けることにかわりない。
posted by White Cat at 19:02| 中国が米国を凌駕

2022年09月27日

習近平主席が逮捕された?? 中国の様子がおかしい・・・・




「習近平主席が逮捕、監禁された」という情報が飛び交った。
これがデマ、誤報であることはすぐに報じられた。
しかし、中国通の識者たちからは「明らかに中国の様子がおかしい。不穏な動きがある。」と見ている。中国発の飛行機便が軒並み止められている。

台湾の識者、林建●氏は「中国のクーデターが近い」と以前から言い続けている。この手の予想は、起こりそうで起こらないことも多いが、今の中国の不穏な動きからすると、どうだろう。


もし、これが本当だとしたら・・・・
あらゆるものが激変する。

02moz.jpg
まず、この財閥が終わる。

00moz.jpg
この財閥は、バイデン馬鹿親子を多額の賄賂で買い、見返りに「悪魔の脱炭素詐欺」での大儲けをもくろんだ。しかし、証拠はバレバレで終わりかけている。しかし、往生際が超悪いため、米国を狂わせ虐待しながら、生き延びようと無駄な圧制を続けている。これに終焉が見えてくるのだ。

すべてはこの馬鹿者=3馬鹿大将がもたらした。
コロナ渦、ワクチン渦、石油の高騰、インフレ、物価上昇、治安の悪化、プーチンの戦争、そして食糧危機。

諸悪の根源の終わりが何等かの形で、やっと具体化するなら・・・・しっかり、見届けようではないか。

11月の米国中間選挙が近い。それも大きく影響している。
これは、人類の命運を分ける選挙となるからだ。

posted by White Cat at 12:32| 中国が米国を凌駕